立つ鳥跡を濁さずが、転職に大事なこと

私は今までに2度転職をした事がありますが、転職をする際に大事なことは、きちんとした辞め方をすることです。立つ鳥跡を濁さずということわざがありますが、正にその通りだと思います。初めての転職は、今から5年前でした。大学を卒業して、5年間働いた職場を辞める事になりました。当時、車の営業マンをしていたのですが、会社の経営が思わしくなく、希望退職を募っていました。私も応募しても良かったのですが、年度途中に数字を上げずに辞めるのが嫌だったので、翌年の決算まで働き、しっかり数字をこなして退職しました。

続きを読む

人生の転機となった派遣の仕事

派遣の仕事が人生の大きな転機になったことがあります。今、思い返してみても、その時にお世話になった職場の人たちや、派遣会社の担当者の人に感謝したいと思います。その派遣の仕事は約半年で修了しましたが、これからの自分の職業人生を方向づける仕事でした。 

続きを読む

退職を決定的なものにした上司の言葉

派遣会社と契約して派遣として務め、派遣先での仕事ぶりを評価され、2ヵ月程度で派遣会社の正社員に昇格したのですが、この派遣会社を退職する決意をした経緯を記していきたいと思います。

続きを読む

看護師と助産師と

看護師の免許をとってから、助産師に憧れ、助産学校に再入学し、無事卒業。助産師として、社会人のスタートラインに立ち、期待と希望を胸に大きな国立病院で就職した。しかし、助産師枠での就職であったのにもかかわらず、退職を予定していた方が数名居残ることになったとのことで、看護師として病棟配置されることとなった。納得がいかないままの就職となったが、すでに配置も決定しており、いわれるがまま勤務することとなった。

続きを読む

肝心な所で失敗した販売系の面接

化粧品販売のお仕事の求人が出ていたので、就職したかったためすぐに応募をしました。それまで販売系のお仕事に興味があったわけでもありませんし、販売系のお仕事の経験があるわけでもありません。化粧品がすごく好きなわけでもありませんし、どちらかというと化粧品にこだわるタイプでもなくて、母が使っているものを借りて使うこともしばしばあるほどこだわりのないタイプです。化粧品の知識も無くて、使う人の気持ちになって接客することも困難だと思いました。ですので面接日までにできるだけ販売関係のお仕事に有利になりそうなアピールを考えようと思いました。

続きを読む

一週間以内の派遣先での仕事

今から二年ほど前に温泉施設が出来ました。その時、その温泉施設(宴会とか食事スポット、マッサージ処あり)側は派遣社員を一週間くらい雇っていた時期がありました。私もとある派遣会社から続けて六日間ほど、その温泉施設の宴会スタッフとして雇われました。この仕事は、宴会の準備や片付けや、食べ終わったものを順次お下げする作業がメインですごく楽でした。

続きを読む