データ入力や経理補助など一般事務職の職を探す際、注意したいポイント

転職や派遣、アルバイトなどの一般求人で、データ入力や経理補助など一般事務職の職を探されている方も多いのではないでしょうか。女性では取り組みやすい一般事務職。とても人気ですから、狭き門かもしれません。

注意したいポイントとしましては、やはり自分のスキルに合っているかどうかですね。新人の方は職務経歴はないとは思いますが、特に転職をされる場合にはやはり今までの経験が重要視されます。今まで普通の総務などの事務職だったのに、いきなり経理とかですとやはり取ってもらいにくいかと思います。もし経理職などを希望する場合には、簿記の上の方の級などを取っておいた方がライバルに差をつけることができるでしょう。やはり相手が求める人物像に自分があっているかどうかが就職や転職では大切となってきますよね。

今までやってきた事務職があまり潰しがきかないようなタイプのものであったとしたら、できるだけ資格などをとって他の人と差をつけられるように努力してみるのも一つの手だと思います。求人情報を見極めるコツとしてはについては、まずはいいなと思う会社があったとしたらインターネットなどで評判を見てみることですね。とても条件が良いのに頻繁に求人をしている会社というのはたまにブラック企業という事もあります。ブラック企業ですと、条件はいいのに待遇が悪いとか、何かがあって人が定着しませんので、辞めていくぶん求人をかける必要が出てくるのでしょう。そういうところにうっかり入社してしまってはあとが大変ですからそのあたりは慎重にやっていきたいものですね。

あとは一般事務でも、語学力があると派遣などでも時給が高いことが多いです。英語はもちろんのこと、中国語、韓国語、ドイツ語、イタリア語、最近は東南アジアなどへ企業が進出していますからあちらの方面の言葉など。多言語がわかっている人の方が重宝されます。英検やTOEICなどの検定試験を受けておきますとアピールできます。情報誌やハローワークなどでも語学に特化した就職先を探すことができますので、他の人と差をつけるためにも多言語の通訳、翻訳ができたりする方が就職も多いでしょう。経理なら日商簿記位持っていたらかなり就職がしやすいと思います。

就職を探す方としては待遇や勤務地なども気になる所ですよね。できるだけ通勤時間が短くてすむようなところだと嬉しいのですが、郊外の方に住んでいる方はなかなかいいものが見つからない場合もありますね。その場合交通費がかなり高くついてしまう場合もあると思います。多くの正社員として採用されたかたは交通費も出してもらえることが多いのですが、派遣などですと交通費は自分持ちということも多々あります。応募や採用前には必ずそのへんを確認しておいた方が良いでしょう。いくら高い時給だとしても、交通費にほとんど持って行かれてしまう場合も考えられるでしょう。

一般事務職ですと正社員とかなら有給休暇が貰えるかどうか、派遣だったとしても何年か継続して勤務した場合発生する場合もありますがその辺も確認しておいた方が安心して応募することができるでしょう。応募人数が多いのに、求人数は少なかったり、大学を卒業しても入社できず若い人も就職が難しいと言われる今日この頃。新卒の人も転職の人も良い就職先を探すのは大変な作業だと思いますが、こまめに見ていますと必ず見つかります。就職もお見合いみたいなもの。実力だけではなく運や縁などもやはりどうしてもありますからね。何回もダメだとくじけてしまう事もあるとは思いますが、最後まであきらめずに是非頑張ってみて下さいね。